<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大王暗殺の謎(1) | main | 火星まで30秒(2) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    火星まで30秒(1)

    0
      30 Seconds to Mars
      30 Seconds to Mars

      知り合いの人がツアーに行ったり、この質問コーナーで回答したりした
      ので、じっくり聞いてみました。もともと音楽やロックバンドに対する
      知識がほとんどない私がこのバンド名を知り、アルバムを買ったのは、
      もちろんボーカルがアレキサンダーのヘファイスティオン役の人だから
      です。

      ここに映っている写真はヘファイスティオンとはかなりイメージが違い
      ますが、声は彼そのものです(同じ人間なのだから当たり前だけど)
      音は激しく歌詞の内容も結構過激(英語なので詳しくはわからないが)
      でもどこか懐かしさを感じるメロディーでもあるので、心地よく聴く
      ことができます。

      「ベルベット・ゴールドマイン」でのロックバンドはその時代を変えよう
      とし、若者のファッションや生き方に多大な影響を与え、同時に彼らの
      生き方も奔放なものでした。そのDVDを見た後でこのCDを聞くと彼ら
      は生活や態度で新しい時代を作ろうとしているというよりも、言葉やメロ
      ディーが作り出すイメージである世界を作ろうとしているように感じまし
      た。

      俳優でありながらロックバンドのボーカルをやり、作詞作曲も自分で手が
      ける、すごい才能であり、またそれだけのことをやらずにはいられない、
      大きな世界を内面に抱えてしまった天才だと彼のことを思いました。

      ステラ * 音楽 * 09:52 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:52 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ