<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< エンジェル(2) | main | Fire from heaven(55) >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    初雪

    0
      クリスマス・コレクション
      クリスマス・コレクション
      イル・ディーヴォ

      今朝、雪が降っていました。天気予報で東京は今日は晴れと言っていた
      のですが、うちははずれの方にあるので天気も違っているようです。

      去年の12月は暖かく、ホワイトクリスマスにはなりませんでしたが、雪が
      降るとやっぱりこの「クリスマス・コレクション」が聞きたくなります。
      特に「アヴェ・マリア」の曲は雪景色とぴったりあい、宗教を越えてのゆる
      しや安らぎを与えてくれるようで涙ぐんでしまいます。

      二千年以上前のこと、フィロタスはアレクサンドロスの暗殺計画を知ってい
      ながらそれを伝えなかったという罪で告発され、共に学んで戦ってきた仲間
      に拷問され処刑されます。彼自身傲慢な性格で誤解を招くような行動をして
      いたとはいえ、そのような結果にどれほど怒りと悲しみを感じたでしょう。
      でも彼は死の直前、自分を殺すアレクサンドロスと仲間達を許すことができた
      個人を越えた大きな力が彼らを先に進め世界を変えていくことを理解し、恨み
      の感情を消すことができた、降りしきる雪を見てそんなことを感じました。

      逆に殺される前のオリュンピアスは許すなんていうことは絶対なく、ありった
      けの力を振り絞り、自分が信じるディオニュソス神に祈ってカッサンドロスを
      呪ったと思います。彼女はもう許しや安らぎとは無縁の情念や恨み、呪いで生
      きてきた人、そうでなくてもアレクサンドロスの彫像を見ただけで眩暈を起こす
      ような繊細な心を持ったカッサンドロス、こんな人に恨まれてはとても長生き
      できなかっただろうと思います。

      天気予報の言ったとおり、雪はすぐにやんで晴れてしまいました。でも雪や
      嵐の日などはいつもとは違った感情を呼び起こしてくれます。
      ステラ * - * 09:44 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:44 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ