<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 世界歴史の旅・ギリシア | main | T.E.ロレンス >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ヘファイスティオンのプライベートレター

    0
      大遠征アレキサンダーの野望―ギリシャからアジアへの旅 (Newton mook―Visual science series)
      吉野 美耶子,マイケル・ウッド
      JUGEMテーマ:読書


      この本に直接プライベートレターが載っているわけではなく、ど
      ちらかといえばヘファイスティオンについてはかなり批判してい
      ます。でも遠征軍が辿った道がたくさんの写真で紹介されていて
      とてもわかりやすいです。

      アレキサンダーの親友ヘファイスティオンが書いたパピルスの
      プライベートレターが残っていると、かなり前にブログで知り合
      った方から教えてもらいました。2000年以上も昔の人が書いた直
      筆の手紙が残っているなんて大感激でした。

      残念ながら手紙の内容はラブレターや遠征について詳しく書かれた
      ものではなく借金の申込書なのですが(笑)ヘファイスティオンが
      エジプトでImouthesという名前の人に1000drachmasを半分は現金、半
      分はワインで借りて、そのうち現金の一部は利子なしいいというかな
      り細かいことまで書かれていました。

      映画ではアレキサンダーの親友として非常に印象的だったヘファイス
      ティオンも、本などで調べると「みんなに嫌われていた」などとあまり
      いいことは書かれてなく、それどころかかなり酷いこともしていたよ
      うでショックを受けたりもしました。それでもこうした手紙を見ると
      彼が遠征を財政面で支えていたことがわかってうれしくなりました。
      (まさか個人的な借金ではないですよね)

      なぜかなり前に聞いた話を今ここで日記に書いているかというと、ちょ
      うどこの時期自分も子供の学校関係の書類を数多く書いているからで
      す。借金の申込書ではないけれど、入学金を振り込んだり銀行口座から
      の引き落とし手続きをしたりと、面倒な手続きばかりでちょっとイヤに
      なるころ、ヘファイスティオンの借金申し込みのことを思い出して自分を
      慰めているというわけです。

      何万人もの兵士を率いた遠征にかかる費用は、莫大なものになっていた
      に違いありません。エジプトに入った時にアレキサンダーの軍隊はまだ
      ペルシャを完全に征服して富を手に入れていたわけではありません。勝利
      は信じていても先立つものがない、そこでヘファイスティオンが借金の
      申し込みに奔走したのでしょう。神の子と信じる偉大な王アレキサンダー
      にお金のことで頭を下げさせるわけにはいきませんから。衰えていたと
      はいえエジプトにはまだ王様にお金を貸せるほどのお金持ちがいたよう
      で、望みどおりの金額、しかも現金の一部は利子なしという条件を聞いて
      さぞかしほっとしたに違いありません。ヘファイスティオンだって本来
      はアキレウスのような英雄を夢見る少年だったに違いありません。でもアレ
      キサンダーを英雄にするために、彼はあえて裏方の仕事を引き受けてしま
      ったようにも思えます。アレキサンダーの夢を守るためにも自分は地味な
      金策に走り、偵察や戦いが終わった後の後始末を率先して引き受け、裏切り
      者が出れば自分が拷問にかけ処刑しろと主張する、英雄らしからぬ行為も
      全部引き受けてしまってみんなに嫌われた、そんな気がします。

      借金申込書という現実的なプライベートレター、自分もまた仕事や生活
      の雑事に追われ、落ち着いて本を読んだり空想にふけったりできなくな
      ってイライラしている時なのですごく共感できる部分があります。夢を
      支えるためにはお金のことも考えなければならないし、裏切り者は徹底的
      に排除しなければいけない。それを実行したヘファイスティオンはやっぱ
      り立派だと思いました。

      ステラ * 創作 * 16:53 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 16:53 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ