<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2008年に読んだ本の個人的なベスト5 | main | チェ 28歳の革命 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    そして、私たちは愛に帰る

    0
      愛より強く スペシャル・エディション [DVD]
      愛より強く スペシャル・エディション [DVD]

      JUGEMテーマ:映画


      この映画に関するポスターやCDなどの画像が見つから
      なかったので、同じ監督の別の映画のDVDを紹介して
      あります。

      今年になってすぐ、お正月休みの時に友人に誘われて
      一緒に見た映画です。この映画は上映している映画館が
      少ないしあまり宣伝されてないのですが、とてもよい
      映画でした。誘ってくれた友人に感謝です。

      トルコとドイツ、2つの国を舞台に3組の親子の物語が
      展開します。この映画の監督自身両親がトルコ人でドイ
      ツで生まれ育つというように2つの国の文化を背景とし
      ています。

      1組目の親子はドイツに住むトルコ人の父アリと息子ネジャ
      ット、男手1つで子供を育てアリは時々気晴らしに娼婦の
      ところに行き、息子との会話もどんな女と寝たかということ
      ばかり、大学教授になったインテリ息子ネジャットはまとも
      な本も読まず卑猥な話をする父にうんざりしています。ある
      日アリは同じトルコ人の娼婦イェテルと知り合い、月々の金
      を支払うから自分と一緒に住んでくれと頼んで家に連れ込み
      息子との関係はますますこじれていきます。

      2組目の親子はドイツに住むトルコ人の母イェテルとトルコ
      に住む娘アイテン、イェテルは娘には靴屋で働いていると嘘
      をついてドイツで娼婦をしており、娘の将来だけを楽しみに
      何年も会えずにいながら学費を送り続けていました。娘のア
      イテンは反政府活動をしていて捕まりそうになり偽のパスポ
      ートでトルコに入国します。

      3組目の親子はドイツに住むドイツ人の母スザンヌと娘のロッ
      テ、夫と別れた母は同じように娘の将来だけを楽しみにして
      いるのですが、そんな母をロッテは重荷に感じて反抗的、学生
      食堂で偶然出会ったトルコ人のアイテンに強く魅かれてその
      境遇に同情し母の反対を押し切って自分の家に住まわせます。

      別々の場所でそれぞれかみ合わないまま過ごしていた3組親子
      の人生が、物語が進むうちに絡み合ってきます。途中、エロ
      爺(アリ)と娼婦の会話や同性愛的なシーンがあってドキっと
      したりもするのですが、そうした場面も日常生活の延長のよう
      に淡々と描かれていてことさら強調されてなく、さらに主要
      人物の突然の死もそれほど強く描くことなく自然な感じでした。
      だからその場で強く感情移入して泣いたりドキドキするという
      タイプの映画ではありませんでしたが、後からこの場面はこう
      いう意味があったのかとジワジワきました。イスタンブールの
      街、観光名所ではない人の生活のにおいが伝わってきそうな
      裏通りの雰囲気もよかったです。そしてネジャットがトルコに
      長く住むために購入したドイツ語の本専門の本屋、その店の
      雰囲気がとてもよく、彼は父のしたことに対して自分なりに
      決着をつけようと大学教授の職を捨てて本屋のオーナーになっ
      たけど、そこで安心できる居場所を見つけたのではないかと
      思いました。

      途中悲しい出来事も起こるけど、それぞれの登場人物が大切な
      相手を見つけ帰る場所を見つけてほっとする、深い余韻を残す
      映画でした。


      ステラ * 映画 * 12:11 * comments(2) * trackbacks(1) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 12:11 * - * - * -

        コメント

        こんばんは〜!ステラさん
        今日はすんごい寒かったですねー!ぶるぶる・・・
        私もこの映画見ました☆
        回りで見た人がいないので、お話出来て、すっごく嬉しいです(^▽^)

        >イスタンブールの街、観光名所ではない人の生活のにおいが伝わってきそうな裏通りの雰囲気もよかったです。
         うん、うん。私もそう思いました。

        >ドイツ語の本専門の本屋、その店の雰囲気がとてもよく
        そ〜なんですよ! 私もあの本屋が気に入っちゃって、ちょっと日本の昔からずっとある古本屋さんのたたずまい?がありましたよね。
        ああいうお店で、ぼ〜っと店番などしながら働けたらいいな〜と思いました。

        >そこで安心できる居場所を見つけたのではないかと思いました。
         その通りですね。安心出来る居場所ってのがピッタリ来ますわ。

        ステラさん、今年もまた色々映画や本のお話など楽しみにしています。
        去年同様、よろしくお願いいたします♪
        Comment by latifa @ 2009/01/09 11:13 PM
        latifaさん、こんにちは

        この映画は上映している映画館が少なく、派手な宣伝もされてない
        のでなかなかブログでの感想を見つけられなかったのですが、こう
        してコメントとトラックバックをいただけてうれしいです。

        最初は知っている俳優も出ていないしストーリーも入り組んでいて
        わかりずらいと思ったのですが、後からジワジワくる作品でした。
        本屋やイスタンブールの街の雰囲気もよかったです。

        こちらこそ、映画や本の感想を楽しみにしています。
        今年もよろしくお願いします。
        Comment by 管理人 @ 2009/01/10 4:59 PM
        コメントする









        トラックバック

        「THE EDGE OF HEAVEN」 そして私たちは、愛に帰る 感想

        トルコ系ドイツ人であるファティ・アキン監督の、2007年のカンヌ国際映画祭で脚本受賞映画。 全く飽きさせず、どうなるんだ??と、最後まで...
        From ポコアポコヤ 映画倉庫 @ 2009/01/09 11:05 PM
        このページの先頭へ