<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ルネサンスの神秘思想 | main | 運命の香り >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    「ボルジア家」のミケロットに感動?

    0
      JUGEMテーマ:エンターテイメント

      テレビドラマ「ボルジア家」のミケロット、シリーズ1ではこんな
      ミゲル絶対イヤだと毎回思っていたのですが、なぜか今年に
      入ってのシリーズ2ではそんなに嫌いだと思えなくなり私の中
      で好感度もアップしてました。そして昨日の話で思いがけない
      彼の秘密を知ってしまい深く感動、好感度アップにとどまらな
      いでこのドラマでの1番好きな登場人物、それどころか今まで
      自分が見た映画、ドラマの中での忘れられない印象的な人物
      (好きかどうかは別として)ベスト10に入ると思いました。


      ここから先かなりドラマのネタバレになりますし、人によっては
      不快と感じる内容も書いていますのでご注意ください。







      カテリーナに会うチェーザレについてフォルリに行ったミケロット、
      そこは彼の生まれ故郷でもありました。お母さんの手料理など
      食べて和やかな雰囲気、え、ミゲルって天涯孤独じゃなかったの
      とびっくりです。お母さんは髭のはえた息子をかわいい坊やと呼ん
      でベタベタ世話をする、うそだー、ミケロットがマザコンなんてと衝撃
      の場面が続きます(笑)彼はお母さんに自分はローマで医者になる
      ための勉強をしていると嘘をついていて、お母さんは一緒に来た
      チェーザレを医者で師匠だと信じています。どう見てもチェーザレ
      の方が若く見えるのに、お母さんは「先生、うちの子はしっかり勉強
      してますか?」なんて聞いて突っ込みどころ満載、笑いをこらえるの
      が大変でした。さらに昔の友人なども現われて、なーんだ、殺し屋
      ミケロットも生まれ故郷では普通の人じゃないと安心しました。
      ただ真実を知ったらこのお母さんショックだろうなと思いました。

      でもミケロットを故郷に帰って母に甘えるマザコン坊やにしないのが
      やっぱりこのドラマ(笑)、自分は父親を殺したとぼそっとチェーザレ
      に告白するあたりから彼の本領発揮です。そして夜中に墓場で親友
      と密会するという衝撃の場面、いやもうびっくりすることの連続です。
      ミケロット自身も言っていますが、この時代そういうことが見つかれば
      火あぶりになり魂は地獄に落ちる、誰もがそう信じていたでしょう。そ
      れでも止められない狂おしい思い、親友が結婚することへの嫉妬、
      世の中への激しい怒りなどがひしひしと伝わってきて、しばらくは茫然
      とするほどでした。正直このドラマでこれほど感動するとは・・・・

      漫画と違ってテレビドラマはそれほど史実に忠実には作られていないし
      スキャンダラスなこともどんどん取り入れています(笑)でもスキャンダル
      の1つとして取り入れたかもしれないことが、思いもかけず当時の真実
      人の心を伝えてしまうこともあるのだなと感じました。
       
      ステラ * テレビ * 09:13 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:13 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ