<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「異端者」3回目3 | main | 「異端者」3回目4 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    「ボルジア家」シーズン2終了

    0
      JUGEMテーマ:エンターテイメント

      テレビドラマ「ボルジア家」のシーズン2が終わりました。今回
      このドラマはかなりはまって見ていた、今年一番感動したテレビ
      ドラマになるかもしれません。シーズン1は好奇心や恐いもの見
      たさで恐る恐る見ていたのですが、シーズン2はかなり登場人物
      に共感してました。

      シーズン2で見方が180度変わったのがミケロットです。去年の
      シーズン1では漫画とイメージが全然違う、あんなミケロット絶対
      イヤと悪口ばかり書いていたのですが(笑)、シーズン2で見始め
      たら、アレ、ミケロットがそんなに嫌な感じがしない、ぞっとして鳥肌
      が立っていたのにそうでもない、見慣れたからかしらと不思議に思
      っていました。

      そしてミケロットの秘密がわかったところ、最初お母さんがベタベタ
      世話をして、お母さんにはローマで医者になるための勉強している
      と言っているあたりでは、あれ、この人マザコンだったのと驚いたの
      ですが、その後の衝撃の展開がすごかったです。でもそのシーン
      で私、けっこう感動していました。こういう事情があり心の闇を抱えて
      いるからこの人はこんなにも残酷になれるのかと、そこですごく納得
      できたのです。

      残酷だけど美しいルネサンス期、次々と現われるルクレツィアの恋人
      や女性たちの美しい衣装は目の保養になりました。娘と母、そして父親
      の愛人という複雑な関係の3人があんなに仲良くなるなんてありえない
      と突っ込みを入れながらも楽しめました。

      最終話はかなり衝撃的な場面が続きました。でもそれがルネサンス、そ
      してその後の宗教改革の時代に実際にあったことなのだと。異端と断定し
      た者を残酷に扱うほど人々が恐怖を感じ従っていたかもしれない時代、
      正義や信仰の正しさを理由にどれだけ酷いことが行われていたか、目を
      そらさずに見なければいけないと思いました。このドラマ、おそらく最初は
      スキャンダルを強調していたのでしょう。それでも次第に登場人物の心の
      内側をえぐり、時代の闇を見せる深い内容になっていました。
       
      ステラ * テレビ * 13:55 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 13:55 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ