<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< The prince of mist (3) | main | 原画展 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    戦艦テメレール号

    0
      JUGEMテーマ:アート・デザイン

      テレビ番組でターナーの「戦艦テメレール号」についての
      特集がありました。この絵はターナーの代表作の1つで
      2005年にBBCが行った英国民の好きな絵のアンケート
      で1位になり、また画家自身とても気に入っていて最後ま
      で手放さなかった作品だそうです。

      美しい夕日が印象的な絵ですが、番組ではこの太陽は
      夕日なのだろうか、という疑問を出していました。というの
      は戦艦テメレール号はテムズ川を東から西に向かって
      引かれていったので、戦艦の後ろに日が沈むのはおかし
      いというわけです。実際の風景ではあのように見える場所
      はない、それでも海戦で活躍した戦艦が最後引かれてい
      く場面は夕日がふさわしいとターナーは考え、そのような
      構図で絵を描いたのでしょう。夕日だけでなく、実際の戦艦
      テメレール号はその時はマストはなく黒と黄色に塗られて
      いたといいますから、それも現実とは違う輝く白に塗ったの
      も画家の直感イメージであり、絵と言うのは現実をいかに
      忠実に再現するかではないのだなとつくづく思いました。

      もう1つ番組で紹介していたことで注目したのは、この絵は
      走る蒸気機関車の絵(正式なタイトルは長くて覚えきれな
      かった)とサイズがぴったり同じで構図もよく似ているという
      ことでした。どちらも画面右下に向かって蒸気機関車や蒸気
      船が進み、力強く動く黒いものと前の時代の白いもの(戦艦
      や橋)とのコントラストがあります。1枚の絵に夕日と夜の
      空があり、古いものと新しいものがあり、動きがあり、詩とドラ
      マがある、本当にすごい作品です。そしてターナーの絵を見て
      いつも思うのですが、この人は少年の頃から若くして名声を
      掴んだ時、そして晩年の実験的な作品まで、どれを見ても
      本当に絵を描くことが好きだったのだなと感じます。好きなこと
      を生涯誠実にやり続けた、そんな人生がうらやましいです。

       
      ステラ * テレビ * 15:41 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 15:41 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ