<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 脇役のエピソード | main | ユニテリアン主義 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ギリシャ第2の都市

    0
      JUGEMテーマ:旅行

      ギリシャの首都はアテネということはほとんどの人が
      知っていると思います。でも第2の都市は?と聞かれる
      と答えられない人が多いのではないでしょうか。

      数年前、映画「アレキサンダー」に夢中になって同じ
      ファンの人と知り合い、ついには「アレキサンダーの
      故郷を訪ねる旅」というのを計画して実行しました。
      その時にギリシャ北部にあるその都市へ行く飛行機の
      チケットを購入しようとしたのですが、複数の旅行会社
      でその都市の名前だけ告げてどのように乗り継いだら
      行けますかと聞いたところ(日本からの直行便はない
      ので)少し間があってから
      「それ、どこの国ですか?」
      と聞かれました。旅行会社の人すら知らない名前の都市
      ですが、2000年以上前に作られ、その名前は聖書に
      も出てくるのです。

      正解は「テッサロニキ」ギリシャ北部にある第2の都市
      で国際線の空港があり、アレキサンダー関係の遺跡を見
      るには必ず通る玄関口でもあります。

      テッサロニキという名前の都市を作ったのはアレキサン
      ダーの死後マケドニアの王になったカッサンドロスです。
      彼は自分が支配権を握るために陰謀とか暗殺とかいろいろ
      やっていますが、アレキサンダーの妹(母は違う)と結婚
      してマケドニアの王位を継ぎました。その王妃の名前が
      テッサロニケです。カッサンドロス朝マケドニアはその後
      すぐ息子の代で兄弟争いがあって滅んでしまいますが、
      テッサロニキはちょうど交通の要所であったためその後
      同じ場所、同じ名前で目立たずとも続いて聖書にもその
      名前が登場します。

      「アレキサンダーの故郷を訪ねる旅」は何かに憑かれた
      ように勢いで行ってしまったのですが(そして行った先
      でしっかり誰かの魂に憑かれたのか過去世でも思い出し
      たのか、旅行中は体調は悪かったけど)最近になって
      フラワーエッセンスの勉強や過去世を調べている中であ
      らためて思い出しています。
      ステラ * 旅行 * 10:56 * comments(2) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 10:56 * - * - * -

        コメント

        テッサロニキ、行ったことはありませんが言葉の響きをとても懐かしく思いながら記事を読ませて頂きました。新約聖書はギリシャ語が原語ですし、ギリシャ神話が小さい頃から大好きなのでギリシャは憧れの場所です。以前旅行に行かれたとのことで大変うらやましいです。フラワーエッセンスとギリシャのつながり、今まで考えたことも無かったのですが、何だかわくわくとしてきます。
        Comment by ソイル @ 2014/03/12 4:46 PM
        ソイルさん、コメントありがとうございます。

        テッサロニキは映画「アレキサンダー」の影響
        で行きました。ギリシャに行ってアテネとか
        エーゲ海クルーズなど有名なところには全然
        行ってないのですけど(笑)

        テッサロニキはアレキサンダーの妹でカッサン
        ドロスの妻になった(王位をねらう彼に無理や
        り結婚させられた?)王妃テッサロニケの名前
        からつけられていますが、とても響きが美しい
        ですよね。最近になってフラワーエッセンスや
        前世療法で過去世を気にするようになって、そ
        の時は夢中で旅行に行ったのですが、その意味
        をあらためて考えています。
        Comment by ステラ @ 2014/03/13 9:14 AM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ