<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 1年を振り返って | main | ジャンヌ・ダルクの漫画 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    お正月の旅行

    0
      新年明けましておめでとうございます。
      今年もよろしくお願いします。

      12月31日から1月1日にかけて1泊2日で伊豆へ行って
      いました。私と夫、次男と私の父の4人です。子供の小さい
      時に千葉や伊豆へはよく行っていて、その時は水族館やテーマ
      パークを訪れていたのですが、子供が大きくなるとそういう場所
      に行くのはイヤだと言い出すので、今回は主に海岸へ行ったり
      リフトやロープエーで山に登るのを目的としました。海岸のつり橋
      とか山に登って景色を見るのは夫も大好きなので、まずまず満足
      していたようです。

      ホテルは夕食がバイキングというところを選びました。夫と子供、
      さらに私の父も食べ物の好き嫌いが激しくて共通に食べられるも
      のがほとんどない、何でも食べられるのは私だけなので(笑)バイ
      キングというのがホテル選びの重要点でした。他には海の近く、
      温泉があるという場所を選びました。夕食は和食と洋食がバランス
      よく入っていてとてもよかったです。おなかがいっぱいになって
      ベッドで本を読みながら(伊豆ではなくイタリアのガイドブックを
      読んでいた)ゴロゴロしていたらいつの間にか熟睡、夜8時〜朝6時
      と10時間も寝ていました(笑)夫に起こされて朝海岸を散歩した
      ら周りは初日の出を見る人でいっぱい、ちょうど太陽が出るあたり
      雲がありましたが、金色に輝く雲と太陽を見ることができました。

      お正月にホテルに泊まっていいのが、朝食にたくさんおせち料理が
      出ることです。自分で作るのは面倒だし買うのも高い、さらにこれ
      またおせち料理というのは私の父、夫、次男の3人がそれぞれ嫌い
      なものがたくさん入っている、好きなものを好きなだけ選んで食べら
      れるというのは本当にありがたいです。そして唯一好き嫌いがない
      私は全種類一通り試すので朝からかなり食べることになる、体重計
      に乗るのが怖ろしいです(笑)

      帰り道、突然思いついて三島大社に寄ったのですが、初詣の人でも
      のすごく混んでいて、並ぶの大嫌いな夫と次男に散々文句言われま
      したが、苦労してお参りしてきたのできっと御利益があると信じて
      ます。そして帰りの高速道路、御殿場付近でまさかの大雪、大渋滞
      にはまりました。家に着く時間が予定より大幅に遅れ夜中に帰るこ
      とを覚悟しましたが、その場所を過ぎると雪も降ってなくスムーズ
      に車は動いて無事7時くらいには家に着きました。
      ステラ * - * 10:15 * comments(2) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 10:15 * - * - * -

        コメント

        あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
        年越しのご旅行、素敵ですね。おせち料理が朝食で出てくるなんて、いいですね!我が家もいつか年越しで旅行に行ってみたくなりました。
        Comment by ソイル @ 2015/01/02 10:59 AM
        ソイルさん、あけましておめでとうございます。
        今年もよろしくお願いします。
        お正月にホテルに泊まるとお節料理が出てくる
        のがいいです。自分ではまず作らないので。
        旅行は子供が3歳を過ぎると多少言うこと聞く
        ようになるし喜んでくれるので、幼稚園〜小学生
        位が一番行き時です。中学生になると部活や
        勉強で忙しくなるしテーマパークも喜んでくれ
        いので家族旅行は難しくなります。
        Comment by ステラ @ 2015/01/02 8:22 PM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ