<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 「風の影」に描かれた悪 | main | 哲学と宗教 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    心理学を学んで考えたこと

    0
      数日間にわたっての心理学講座に参加して考えたことを
      書きます。この記事は心理学についての学問的なことや
      その講座での内容、直接の感想ではなく、あくまでも私個人
      が印象的だったこと、考えたことを述べただけなので、そう
      思って読んでください。

      心理学はそもそも19世紀後半フロイトより始まった新しい
      学問です。二千年以上の歴史を持つ哲学や数学などに比
      べ、本当に新しいすぐ前の時代です。そして初期の心理学者
      で有名な人、ユング以外のフロイト、アドラー、フランクルは
      いずれもユダヤ人でナチスの迫害に苦しめられ特にフランクル
      は自身が収容所に入れられ家族を殺されるという壮絶な体験
      をしています。

      人間の心について考える心理学が始まったきっかけは精神病、
      ヒステリー患者の治療を行っている時でした。人間の心には意識
      できない無意識の領域があるという発見から、心について深く調
      べるという学問が始まりました。社会に適応できない苦しい状態が
      続くのはなぜか、どうすればその苦しさがなくなるのか、人の心の
      不思議について考えることは、人とどう付き合うかということにも
      つながります。仕事先に恐いお局様(笑)がいてもその人が何に
      価値をおいているか、どういうきっかけで怒り出し手がつけられなく
      なって攻撃されるか、そういうことがわかっていれば間違って地雷を
      踏むこともなく自分も相手のお局様も気持ち良く仕事を続けることが
      できます。心理学を学ぶことで、直接カウンセラーにならなくても
      人間関係をよくすることができ、不必要な争いを避けることができる
      と思います。

      さらに自分の生きる意味、使命について考えることは大切だと思い
      ました。使命と言うと大げさですが、子供でも自分のよさ、価値が
      わかっていて十分に認められ愛されていると実感できれば、他の
      子に対して違いがあってもその子のよさを認めることができるよう
      になり、いじめや暴力を防ぐことにもなるでしょう。心理学という学問
      を直接教えることは難しくても、小さな子供の頃から自分の価値そ
      して他の子のよさを考えることはとても大切だと思いました。

      創成期の有名な心理学者はユング以外ユダヤ人でいずれもその
      人生の中で迫害を経験しています。心理学、人の心の不思議につ
      いて深く考え、違う信念や価値観をもつ人間とどうつきあうかと考え
      ることは、辛い症状をなくして生きやすくなる、職場でのお局様対策
      に役立つということももちろんですが、民族や宗教、信念の違いに
      よる迫害や悲惨な出来事を止める力にもなる、ということを強く感じ
      ました。

       
      ステラ * - * 09:02 * comments(2) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:02 * - * - * -

        コメント

        フランクル、「夜と霧」を書いた男性ですね。特に宗教で起こる争いをおさめ、平和的にやっていく方法として、私も哲学と心理学がとても役立つと思います。「人間を超越した何らかの存在」を肯定しつつも、それをダレソレと固定しないという点が哲学と心理学の強みだと感じます。宗教的な考え方が違う同志で何かの問題について話し合うとき、宗教用語を使うと会話がケンカ腰になってくる場合でも、哲学、心理学用語だと会話が比較的穏便に成り立つことがあると体験しました。
        なので私はすごく、哲学、心理学には期待、希望をそこに託している所があります。
        Comment by ソイル @ 2015/02/04 10:54 AM
        初期の有名な心理学者がユング以外みな
        ユダヤ人で、特にフランクルは自身収容所
        に入れられ家族を殺される経験をしている、
        そんな特殊な状況で生まれた学問だからこ
        そ、宗教を越えて人間について考えること
        ができたし、今の時代必要になっていると
        思います。
        Comment by ステラ @ 2015/02/04 5:38 PM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ