<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 恐怖について | main | メッセージ >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    生まれ変わりについて

    0
      「生まれ変わりについて」と大きなタイトルつけていますが、
      実は私、サイキック能力や霊感は低い方、限りなくゼロに
      近いです(笑)。幽霊なんて見たことないし、エネルギーも
      感じない、敏感な人にとってはそばに近づくだけで足がふら
      つくほど強力なエネルギーを出しているらしいのですが、本人
      はそれを感じることができません。スピリチュアル系や心理学
      の講座にも何度か出ていますが、極めることはできずカウンセ
      ラーやセラピストにはなっていません。

      そして前世療法、過去世について何度もブログに書いています
      が、それも本当に見たのかと問い詰められると自信がありませ
      ん。私の場合前世療法でもはっきり場面が見えるのではなく、
      なんとなくストーリーや感情が浮かんでくるだけ、小説を書いたり
      1人芝居しているのと変わらず、妄想だと言われればそれを否定
      できる根拠がありません。さらによく出てくる過去世Mは16世紀
      のスペイン修道院で育った医者であり聖職者でもあった人、周囲
      のドロドロとした恋愛や権力争いをたっぷり見て聞いていて、その
      上聖職者として人の懺悔や告解も膨大な量聞いてそれを記憶に
      持っているので、もはやどこまでが彼の人生でどこから人の話な
      のか、わからなくなっています。

      そんなスピリチュアルな能力もなく、妄想たっぷりの人間が書く
      「生まれ変わりについて」なので、深刻に読まないでください。

      最近見た日本人の過去世で、2つの人生がありました。1つは
      戦国時代末期、政略結婚で人質同様に扱われて生きる希望が
      ない中、異国から来た宣教師の言葉に心魅かれていきます。
      そしてその宣教師が病気になって看病し、自分も幼い頃から
      修道院にいて愛を知らずに育ったと言われ、恋に落ちます。
      結局彼女はその宣教師とも会えなくなり殺されてしまうのです
      が、生まれ変わってもう1度あの人に会いたいと強く願ってい
      ました。

      そして同じ国にすぐ生まれ変わり、その宣教師の生まれ変わり
      と信じた人と出会ってからは、今度はためらうことはありません
      でした。家出して信仰生活に入り、最後は一緒に殺されてしまい
      ます。

      この2つの過去世から、生まれ変わりのしくみについて次のこと
      を考えました。まず、理不尽な殺され方をしたり、強い感情がある
      場合は霊となって残るよりも、早くやり残したことをしようと生まれ
      変わりも早くなるのでは、ということです。もちろん悲惨な出来事
      があって未浄化霊として残ることもあるかもしれませんが、それは
      魂が分裂したり、その出来事や感情を後世に伝えるためにあえて
      残ることを選んだ、そのように感じました。基本人間の魂はいろいろ
      な国や時代、立場の人へとどんどん生まれ変わる、でも感情や思
      いが強すぎると同じ国や立場の人、あるいは立場を入れ変えてやり
      なおす、そう思いました。さらに思いが強ければ、魂は分裂してその
      部分を残す、それが未浄化霊やガイドとなって別の人生へと転生し
      た魂にも影響を与える、そんなことを考えました。

      そして今、生まれ変わりやスピリチュアルに興味を持つ人が多くな
      ったのはなぜか。今までの時代、理不尽な殺され方をしたり、強い
      恨みを持った人、あるいは罪を犯しカルマを背負った人でも生まれ
      変わってやり直すチャンスがありました。でも今の時代、戦争は人間
      のものだけでなく、たくさんの生き物を巻きこみ、地球を滅ぼすことに
      もなりかねません。宗教も思想も感情も人間が生み出したもので、
      絶対的に正しい者はいないのだから、それを理由に地球を滅ぼしては
      いけない、そう強く思います。
      ステラ * - * 09:22 * comments(2) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:22 * - * - * -

        コメント

        私は人類の歴史の中で、現代は「だいぶまし」な時代になったと思っていますが、地球本体の危機(人間による)というのは現代が一番、というか唯一、歴史の中で危機に瀕した状態になっているのだということを改めて認識しました。そういう特異さが現代にあるということから、今に生まれ変わったことの独特な意味を見出せそうですね。
        Comment by ソイル @ 2015/02/04 10:35 AM
        ソイルさん、コメントありがとうございます。
        今の時代理不尽な殺され方をしたり、飢えや病で
        死ぬことは昔に比べ少なくなっていると思います。
        でも戦争で1度に多くの人間が殺され、現代の
        武器は地球を滅ぼすことにもなりかねないので、
        そういう意味で本当に危険なのは今の時代かも
        しれないです。
        Comment by ステラ @ 2015/02/04 5:34 PM
        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ