<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< スペイン語は感情が盛り上がる? | main | 不倫は嫌い >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ジャンヌ・ダルクの漫画(2)

    0
      JUGEMテーマ:漫画/アニメ

      週刊の漫画雑誌、興味がある作品が載っている号だけ購入して
      読んでいます。

      ジャンヌ・ダルクについては昔から興味はありましたが、その
      死があまりにも衝撃的でトラウマになっていたり、また宗教的
      な奇跡に反発を感じたりして、じっくり本を読んだり映画などを
      見るということはありませんでした。だから漫画で読めるという
      のはとてもありがたいです。

      今回もジャンヌの村での生活を中心に描かれていました。13歳の
      少女が見た村の生活、女達が集まっておしゃべりする中で自然に
      当時の様子が説明されていました。当時のフランスはシャルル6世
      が発狂して発作を起こしては周りの人間を傷つけ、普通に戻って反省
      するを繰り返し、その死後は王妃が不倫を繰り返し側近が幅を利かせ
      イギリスとの戦争はダラダラと長く続いてとメチャクチャな状況でし
      た。戦争が長く続くので雇われた傭兵が仕事がなくなると解雇されて
      野盗となり村を襲う、村が全滅したり小麦の種まで奪われて飢えに苦
      しむということもよくありました。そうした村の状況や歴史的なこと
      は本を読んだだけではわかりにくいけど、漫画だと自然に様子がよく
      わかります。国が乱れて村人が苦しい生活をする中、どれほど奇跡が
      待ち望まれていたかがわかるからこそ、ジャンヌの出現も共感できま
      す。

      漫画という表現は字では伝わりにくいその時代の様子や登場人物の気持
      ちがぱっと見てすぐにわかり、深く共感できます。多くの人に字では
      伝えにくいことを伝えられる、文字や言葉以上にダイレクトに人の心に
      届くので、それだけその影響については深く考えなければいけないとも
      思いました。
      ステラ * コミック * 10:17 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 10:17 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ