<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< できることを・・・ | main | ヴァチカン教皇庁図書館展 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ルネサンスの歴史(4)

    0
      JUGEMテーマ:読書

      「ルネサンスの歴史」という本を読み終わりました。この本は
      かなり辛口なので正直頭にきたりいらっとしたりもしましたが
      それでも全部通して読むとこの時代に対する考えが変わる、目
      から鱗が落ちる体験をしました。

      ボルジア家やメディチ家など漫画で顔なじみになっている人や
      教皇、宗教改革者についてのページは知っていることも多く
      興味深く読めました。逆に詩人とか、マントヴァ、ウルビーノ
      などでの華やかな宮廷文化のあたりは、どうも自分とは縁のな
      い世界と思ってしまうのか、読んでいてつまらなかったです。
      同じ時代でもすごく魅かれる部分と全く合わないと感じる部分
      があるようです。

      宗教改革のところでは、教義の違いとは別の改革者の性格や
      その国の状況によって結果が大きく変わるということがわか
      って驚きました。改革が成功するかどうかはその教えが正し
      いかどうかよりも政治や国の違い、経済状況など運によると
      ころも大きい(運がいいということが神に愛されていること
      だと言うかもしれないけど)と思いました。ヒプノセラピー
      で過去世を見たり幼児退行をすると、それまで自分の信念と
      して守ってきたものが、実は家族や周りの影響で作られたも
      のでそこまで頑なに守る必要がないとわかって驚きますが、
      それと同じことを人類の歴史で体験したような気分です。
      歴史として語られてきたことや今の世界の状況、当然のこと
      として考えている信念が実は500年前の政治や経済、権力
      者の都合や思惑で作られたものだったならどうなるのか。
      ちょうど今、世界で深刻な災害や事件がが次々と起きている
      ので、作られた信念や常識を捨ててもう1度考えなければい
      けない時代がきているのではないかと思いました。
      ステラ * 読書 * 13:56 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 13:56 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ