<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 薔薇の名前(DVD)1 | main | 絵を見て感じた違和感 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ボッティチェリ展

    0
      JUGEMテーマ:展覧会

      少し前に「ボッティチェリ展」を見に行きました。
      ボッティチェリだけでなく師匠のフィリッポ・リッピ
      と弟子のフィリッピーノ・リッピ親子の作品もたくさん
      展示してあって楽しめました。この3人の絵はみな優雅
      で美しく女性好み、そのためか平日の昼間にもかかわらず
      かなり混んでいました。私もどっちかというとミケラン
      ジェロのムキムキの絵よりボッティテリの優雅なビーナス
      やかわいらしい天使の方が好みです。

      ボッティチェリの師匠フィリッポ・リッピは修道士であり
      ながら修道女と駆落ちしたというすごい人です。ルネサン
      スで人間らしさが見直され芸術が花開いたと言ってもまだ
      まだ天国や地獄が真剣に信じられていた時代の修道士が現代
      の芸能人スキャンダルも真っ青なことやるなんて(笑)後か
      ら見ればメディチ家のコジモが助けてくれて還俗が許され
      子供も生まれ仕事も同じようにたくさんもらえているのです
      が、すべてを失うかもしれない状況で駆落ちする、すごいこ
      とです。それも50歳を過ぎて30歳近く年下の女性と。
      でもフィリッポ・リッピのエピソードはこの駆落ちだけでな
      く好きになった女性には全財産あげそうになったとか、仕事
      がはかどらないからコジモが監禁したとか、とにかくどう
      しようもなく女好きだったようです。だからあんなに美しい
      マリア様の絵が描けてそれをボッティチェリが受け継いで
      素晴らしい傑作を残しています。

      フィリッポ・リッピの子フィリッピーノは父親が浮気を繰り
      返し突然死んで母親が苦労するのを見て育ったからでしょう
      か、すごく親孝行の子だったみたいです。一生懸命がんばる
      優等生、子供として持つならフィリッピーノが一番よさそう
      です。ただ優等生というのは強烈な個性や特徴は出にくい
      ので、他の2人に比べ知名度では劣るようです。

      美しい夢のような絵が次々と描かれたルネサンス期、でも
      当時のフィレンツェの平和や繁栄は長くは続かず、サボナ
      ローラの神権政治、共和制、そしてまたメディチ家の支配
      とめまぐるしく変わっていきます。イタリアは分裂したま
      ま長い間スペインやフランスの支配を受け続けるけど、そ
      れでも芸術の中心地でした。18,19世紀のイギリスでは金持
      ちの子弟がイタリアを中心に大陸を旅行するグランドツアー
      が大流行し、ラスキンやラファエル前派の画家達がボッティ
      チェリなどを再評価します。鼻もちならない金持ちお坊っちゃ
      まラスキン(笑)私はこの人嫌いなのですが、好きな画家を
      評価してくれるという点では素晴らしい功績を残してくれて
      います。
      ステラ * 美術展 * 17:46 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 17:46 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ