<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 英語の本と日本語訳 | main | 歴史人物の漫画 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    天国の囚人

    0

      JUGEMテーマ:読書

       

      「天国の囚人」日本語訳の文庫本を読み終わりました。

      このシリーズは前の2作もそうでしたが途中から先が

      気になってスピードアップする、ページをめくる手が

      止まらなくなりあっという間に読み終わりました。前

      に英語版で読んだ時はこうはいきません。久しぶりに

      夢中になって本を読むという快感を味わいました。

       

      主要登場人物の牢獄体験が大きなテーマになっている

      ので決して明るい話ではありません。でもフェルミンの

      性格やダニエルとの友情が大きな救いとなっています。

      この本でフェルミンがどのような気持ちでダニエルに

      接していたかがよくわかり、あらためてフェルミンは

      いい人だなと思いました。また普段冷静で感情を抑えて

      いるお父さんの深い悲しみというのも胸に突き刺さり

      ました。小説は事実そのままではないけど登場人物の

      感情を追体験することで、遠い国の出来事がすぐ目の前

      で起きたことのようにリアルに感じられる、スペインの

      内戦や独裁政権はこんなにも人の心に傷を残したのかと

      驚きました。

       

      英語で読んだ時は牢獄部分でひっかかってなかなか先

      に進めず絶望的になりましたが、日本語だとすらっと

      読めてしまいました。また会話などもすぐに理解でき

      て笑える、こんなに笑える部分もたくさんあったのか

      と驚きました(会話を読んでいて笑えないというのは

      それだけ自分の英語力が低いということを暴露してい

      ることになりますが)牢獄の描写は1つ1つの単語が

      強烈で臭いや雰囲気をリアルに感じてぞっとしました

      が(英語版を読んだ時に)日本語だと言葉の流れにそ

      って読んでいくのでそれほど驚かない、強烈な言葉と

      いうのは語学力に関係なく心に響くものだと思いまし

      た。

       

      シリーズの3作目なので謎も深まっています。「天使

      のゲームでの主人公マルティンは結局何者でどうなった

      のか、ダニエルとの関係はなど、4作目ですべての謎が

      明らかになるのでしょう。この本は読んで感動して自分

      の中にとどめておきたいというよりも、誰かと話して

      感動を分かち合いたいという気分にさせる不思議な魅力

      があります。4作目が発売される前にぜひ他の人の感想

      や予想を聞いてみたいです。

      ステラ * 読書 * 21:05 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 21:05 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ