<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インフェルノ | main | オルゴナイト >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    マリー・アントワネット展

    0

      JUGEMテーマ:展覧会

       

      「マリー・アントワネット展」を見てきました。いつものよう

      に自分勝手な妄想や思い入れが満載の感想で展覧会や絵の直接

      の紹介にはなっていませんので、それを承知でお読みください。

       

      マリー・アントワネットについては私はかなりトラウマがあるの

      で、1人ではたぶん行けないだろうと友人を誘いました。それで

      も最初に予定していた日に朝から大雨、予定を変更して別の日に

      してもらいました。マリー・アントワネットに限らず、どうも私

      はフランス関係のものと相性が悪いのか、すごく興味があって行

      きたいのにうまくいかない、フランス語を勉強したこともあった

      けど長続きしませんでした。それでも今回は友人のおかげで無事

      行くことができました(その人のマリー・アントワネットやフラ

      ンスが好きというエネルギーが強かったから?)

       

      予想はしてたけど、平日の昼間でもすごく混んでいて95%以上が

      自分と同年代かそれより年上の女性でした。有名な漫画と舞台、

      そして最近出た漫画の影響が強いと思います。漫画と舞台について

      は自分は直接舞台を見たり漫画を最初から最後まできちんと読んだ

      わけではないけどなぜかストーリーや場面が自然に頭に浮かんでく

      る、私達の世代の女性は完全に刷り込まれていると思います(笑)

       

      マリー・アントワネットや家族の肖像画はたくさん描かれているの

      で、会場にあった絵はほとんど見覚えがありました。いろいろな本

      の挿絵と漫画と舞台、会ったことのない歴史上の人物だけどマリー

      アントワネットはかなりイメージが出来上がっています。だから

      肖像画や部屋の模型を見てもすごく感動するというよりは、この

      絵はあの本に出てきた、この建物はあの漫画にそっくり(漫画家

      が実際に見てそっくりに描いているのです)と自分の中にあるイ

      メージを思い出し確認していました。もう十分知っていてわかって

      いるつもりのマリー・アントワネットの生涯、でもいくつか衝撃を

      受けたり考えさせられた展示物がありました。

       

      その1つは長男誕生で市民が喜びにわきあがり花火が打ち上げられ

      ているところを描いた絵、その10年後位にフランス革命が起きて

      いるのがなんとも皮肉です。そしてこれだけ王家と国民が一体とな

      って後継ぎが生まれたことを喜ぶというのは、そうでない10年間

      マリー・アントワネットが嫁いできて子供ができないまま過ごした

      日々のプレッシャーや不安は相当なものであり、その不満を発散さ

      せるために派手に遊び歩いたというのも、しかたがないかなと思え

      ました。

       

      もう1つ驚いたのはフェルゼンに送った手紙、漫画や舞台でのロマ

      ンチックな恋愛は本当のことだったんだ(笑)脚色ではなかったの

      ね、とびっくりしました。マリー・アントワネットの生涯は漫画や

      ドラマにするのにぴったりだけど、人生だけでなく性格や考え方な

      どもロマンチックな少女漫画的だったのかなと考えてしまいました。

      野心や強い意志で行動しているのではなく、いつの間にか話題の

      中心になっていて憎まれてもいるのに全然気付いてない天然なヒロ

      イン、苦境に立たされた時どうふるまっていいかわからず、身分違

      いの恋の相手が自分を救ってくれる王子様と信じる、10代の少女の

      ようだと思いました。生活が苦しくその日食べるものにも困ってい

      る市民は苛立ち、天然キャラの王妃に憎しみをぶつける、感情が

      暴走して行動が止まらなくなった、それがフランス革命かなとも

      思いました。フランスの歴史は理性的というよりも感情の盛り上

      りで予想もしなかった方向に進んでしまうことが多い、おそらくそ

      れがフランスは興味があって行ってみたいけど怖いという私のトラ

      ウマに繋がっているのだと思います。そして同じような人生は嫌だ

      けど、それでも漫画やドラマとしては憧れるというヒロインにうっ

      てつけの歴史上の人物がマリーアントワネットで、だから繰り返し

      舞台が上映され漫画も読まれ続けて展示会に多くの女性が集まるの

      だと思いました。

      ステラ * 美術展 * 09:50 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:50 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ