<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 仕事でのやりがいと疲れ | main | 進路相談 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    王妃マルゴ5巻

    0

      JUGEMテーマ:漫画/アニメ

       

      「王妃マルゴ」の第5巻を読みました。覚悟はしていたけど

      かなり衝撃的な内容です。苦手な方は読まないほうがいいかも

      しれません。またこの先ネタバレもあります。

       

      最初から虐殺のショッキングな場面が続きます。カトリーヌの

      悪女ぶりも際立っています。でも衝撃的だけど気分が悪くなって

      読むのをやめようとは思わない、ギリギリのところでの上品さを

      守っているのはさすがだと思いました。宗教の対立だけでなく、

      王族間の複雑な権力争いや憎しみが重なって起きた悲惨な事件、

      そんな中でのナヴァル王アンリの選択に感動しました。敵味方を

      超えての人間的な思いやり、後に良王となって慕われるというの

      がよくわかりました。過酷な状況でも優しさやユーモアを失わない

      人間性、かなり女好きだったというところはイヤですけど(笑)

       

      虐殺事件以降も兄弟間の争いや陰謀、不倫関係などがたくさんあ

      ってもうドロドロです(笑)でも大変な状況だからこそ束の間の

      愛にすがりたくなる、そして登場人物それぞれの覚悟があるので、

      不倫や人殺しはイヤだけど充分感情移入できました。カトリーヌ

      にしても幼い時の過酷な体験や王の愛情が年上の女に独占されて

      いたという恨みがある、権力にしがみつき残酷になる理由もよく

      わかりました。我が子まで犠牲にしようとするところがあって心底

      怖いですけど・・・

       

      シャルル9世が狂っていく描写も見事でした。幼いころに処刑の

      場面を無理やり見せられてトラウマを抱えた王子が国王となり、

      ようやく愛する人、信頼できる人が見つかったと思った時にあの

      ような事件、おかしくなって極端な行動に出てしまうのも無理が

      ないと思いました。国王ではなく普通の貴族の家ぐらいなら権力

      争いに巻き込まれないで幸せになれたかもしれないと思うと哀れ

      です。それでも最後には救いを得られたのでしょうか?

       

      第5巻は今までにも増して衝撃的で深い内容でした。1冊で長編

      映画を見たくらいの疲れがあり、心を揺さぶられました。気軽に

      は読めないけど、いろいろ考えさせられる漫画です。

      ステラ * コミック * 09:49 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 09:49 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ