<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新学期 | main | 草津温泉 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    スポンサードリンク * - * * - * - * -

    ミシャ展

    0

      JUGEMテーマ:展覧会

       

      数日前、ミシャ展を見てきました。ここ数年気力体力

      が衰えて1人で美術展や映画を見に行くということが

      ほとんどなく、また水星が逆行しているためか今月は

      予定していたことが全然できなかったのに、この美術

      展だけは友人に誘われてすんなり行くことができました。

       

      スラブ叙事詩が来ているためか、平日の午前中でもすご

      く混んでいました。チケット売り場も長蛇の列、友人が

      前売り券を買っておいてくれたのでスムーズに入れまし

      た。中に入るとすぐ「スラブ叙事詩」の絵がドーンとあ

      りました。とにかく1枚1枚ものすごく大きくて美しい

      です。世界史は得意なつもりだったけど、題材となって

      いる絵の場所や登場人物はほとんど知らない人ばかり、

      解説を丁寧に読みながら進みました。

       

      「スラブ民族の歴史」という壮大なテーマの絵が20枚

      絵を見るというよりもファンタジー映画か長編アニメや

      漫画を見ているような気分になりました。ものすごく大

      きな絵なのに細かい部分まできっちり描かれていて、物語

      が目に浮かんできます。実際の戦闘場面をリアルに描いた

      というよりは神話のイメージや象徴としての人物や天使な

      ども描かれています。壮大な物語を作者は頭の中で作り上

      げそして絵として表現した、まさに叙事詩です。ミシャの

      才能とパトロンとして場所と資金を提供してくれた人が

      いたということ、時代の流れ(ちょうど独立運動が盛んで

      あった)いろいろな条件が重なってできた傑作だと思いま

      した。

       

      ただ「スラブ叙事詩」で描かれた「独立」「真実」「正義」

      などの理想はミシャの生きた時代だからこそ理想になりえた

      とも思います。今の時代、それぞれの国や民族が「独立」

      「真実」「正義」を訴えてぶつかれば大きな争いになります。

      その考えや解釈は真実や正義から少し外れているけど、それ

      を取り入れた方が争いを避け、お互いに傷つけあわず共存で

      きるかもしれない、そうした物語や思想が今の時代には必要

      と思いました・

      ステラ * 美術展 * 16:52 * comments(0) * trackbacks(0) * -

      スポンサーサイト

      0
        スポンサードリンク * - * 16:52 * - * - * -

        コメント

        コメントする









        トラックバック

        このページの先頭へ